【The ultimate tragedy is… 最大の悲劇とは?】~コロナ禍を生きる3

ココロとからだ

「コロナ禍を生きる」は3になりました。英語の発音トレーニングや学校選びのセミナーで私を知ってくださった方には、もう少し今の状況についてブログを書くことをお許しいただければと思います。
「堂々と、自己肯定感を持って、楽しく、人生の最期の日まで後悔のないように生きる!」という私の企業理念に沿って、どうしても発信したいことだからです。

メディアが報じない亡くなった人の数

ワ○○○接種が始まって数か月になりますが、厚労省のHPによると、すでに85名の方が接種後に亡くなっています(2021/05/16までの報告を足していきます。2人+28人+55人=85人)。

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について
新型コロナワクチンの副反応疑い報告に関する情報を掲載しています。

約3か月で85人の死亡数を多いと思うか、少ないと思うか、その判断は読んだ方にお任せしたいと思います。
大切なことは、副反応によるものときわめて疑わしいこの数を、メディアが報じないため、知らない方が日本中にたくさんいることです。
85人の健康な看護師や高齢者が亡くなっていて、それをメディアがほぼ報じないということはどういうことでしょうか?
持病のある高齢者でもなく、打つその日まで元気で働いていた若い看護師が何人も亡くなることに、ニュース価値はないのでしょうか?

株主のいる民放ならともかく、本来であればどこからも影響を受けないはずのN〇Kがこれを伝えないことは、N〇Kしか見ない地方の高齢者などに情報が届かないことを意味し、残念に思います。このような事態に至ったにはもちろん背後関係があるからなのですが、顔もわからない、名前も仮名、声も変えた感染者らしき人の声ばかり放送し、副反応で亡くなった方々のことを報道しないのは、人の命に対してアンフェアであるとは言えないでしょうか?

マスクで体育の小学生が死亡

2月に大阪の小学生が体育の時間、マスクをつけての5分間走で亡くなっています。やっとそれが、5月になり明るみに出たわけですが、今回のウイルスで一人も亡くなっていない子供にマスクをさせて死に至らせるなどということは、絶対にあってはいけないことです。

文科省は2m離れていれば、体育の時間にマスクを外してもいいと言っていると主張しますが、子供のいない方も子供の時の体育の時間を思い出して頂きたいのです。2m距離を置いて、通常の体育はやりにくいはずです。

これは私の知っている学校の話ですが、感染症流行後も、当初学校では体育の時間にマスクをすることは必須ではありませんでした。それがいつのまにか、2m以上離れていない限りは外せないとなったそうです。
みんなでそろって何かをする際に、全員2m四方に人が居ないなどと言うことはあまりありえません。実質マスクをして体育をしろと言われているのと同じなのです。

もしこれを読んでいる学校の先生が居たら、色々事情はあるでしょうが、自分の生徒がもしマスクが原因で亡くなったらどう感じるか、もう一度深く考えて欲しいと思います。

下図↓ ネットからお借りしました。

有効性もさることながら、一日中つけたマスクは雑菌だらけです。

ゼロは目指せない

いまさらですが、ワ○○○の接種に賛成の医師も反対の医師も多くの医師の共通認識として以下のようなものがあります。

●この感染症は、どんな対策をしても何かを我慢しても完全になくなることはない。
●今後も流行・収束を繰り返す。
●第何波でもくる。
●変異株は次々現れる。
●日本でゼロを達成しても海外からすぐに入ってくる。

最後の、日本でゼロを達成しても海外からすぐに入ってくるというところですが、これも厚労省のHPから拾ってみました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18049.html

空港検疫に係る発生状況
空港検疫での陽性者の国籍内訳:
(令和2年3月)日本国籍60名、外国籍6名。合計66名。
(令和2年4月)日本国籍68名、外国籍12名。合計80名。
(令和2年5月)日本国籍19名、外国籍26名。合計45名。
(令和2年6月)日本国籍31名、外国籍93名。合計124名。
(令和2年7月)日本国籍58名、外国籍219名。合計277名。
(令和2年8月)日本国籍77名、外国籍120名。合計197名。
(令和2年9月)日本国籍69名、外国籍104名。合計173名。
(令和2年10月)日本国籍75名、外国籍142名。合計217名。
(令和2年11月)日本国籍128名、外国籍226名。合計354名。
(令和2年12月)日本国籍170名、外国籍190名。合計360名。
(令和3年1月)日本国籍59名、外国籍190名。合計249名。
(令和3年2月)日本国籍28名、外国籍46名。合計74名。
(令和3年3月)日本国籍66名、外国籍106名。合計172名。

空港検疫だけでもこれだけの数の外国籍の陽性者がいるわけです。単純に入国が多いことも驚きではありますが、オリンピックをやろうがやるまいが、ゼロを目指すことは論理的に無理だとこれを見ればわかります。
結論として、そんなゼロを目指せない長期戦という大前提に立つなら、この感染症でまだ誰も亡くなっていない子供たちに長期的にマスクをさせ、死に至らしめるということは決してあってはいけないことです。
体育の時間のみならず、子供にマスクが必要かどうか、今一度問題意識を持っていただければと思います。

実際に亡くなったお子様の住む大阪のかねしろクリニックの金城医師が警鐘を鳴らしておられたので、ここに貼っておきます。ぜひ読んでみてください。

かねしろクリニック
豊中市上野西の内科・外科・予防接種・オゾン療法の「かねしろクリニック」です(労災保険指定医療機関/済生会千里病院、淀川キリスト教病院、北野病院、箕面市立病院の「登録医」)

伝聞情報ではなく、ダイレクトに確かめたら・・・

ネットではたくさんの情報が出回り、何が正しいのか迷う方も多いと思います。
SNSは、拡散力はありますが、背後に違う意図を持った怪しい情報もたくさんあります。
また、怪しい意図など何もなくとも、遺伝子のことはわかっていないことも多く、良心的な医師でさえ見解の分かれるものがたくさんあります。
これは論文レベルでさえそうで、私自身どこまで信頼できるデータなのか、悩むことは多いです。

そんなときは伝聞ではなく、自分で確かめるのが一番!と行動を起こしている方たちがいます。

これ👇 は厚労省に実際に電話した女性がそれを録音したものです。
すでにかなり拡散しているので、聞いた方もいらっしゃるかもしれません。
音声のみですが、ぜひまだの方は聞いてみてください。
https://twitter.com/KDystopia/status/1396490860892614661?s=20

電話した女性「今新型コロナウイルスは流行ってる、蔓延してるってことになってますよね?」
厚労省担当者「科学的根拠として出せるものはありません。あるものとして対応しています」

次は文科省に、マスクの科学的根拠について、開示請求をした方の動画です。
https://youtu.be/CVLLfPYEG9s

電話した男性「文科省にはマスクの有用性について科学的根拠はありますか?」
文科省担当者「文科省には科学的根拠はありません。」

接種年齢16歳から12歳に引き下げ

ワ○○○の接種年齢が、国会で16歳から12歳に引き下げられようとしています。

感染症で一人も亡くなっていない子供にワ○○○は必要ないと私は考えますし、まだ治験が終わっておらず、どうなるかが人間でわかっていないワ○○○を、「今」「健康な」子供に打つことには私は反対です。

mRNAワ○○○を打って数年後その人がどうなるかは、世界中のだれにもわからない。

「わからない」と答えるのが想像を一切排した研究に携わっていない者の誠実な答え方ではないかと思います。「わからない」リスクにかけるかは、その人の判断です。

私はそんなリスクは取りませんが、これはあくまで私の私見であって、以前から書いているように、打つか打たないかはその人の判断です。ただ、子供は自分で判断することができません。
保護者が、すべての情報を知ったうえで判断できるように、あとから「それは知らなかった」「テレビや新聞では言ってなかった」ということのないようにと心から願います。

そして、接種に関しては、自分と違う選択をした方を非難するような言動は、たとえ医療従事者であっても厳に慎むべきだと考えます。これは違うワ○○○に関しても同様です。
そのためにも、フェアに情報は広がるべきだというのが私の考えですが、
情報が錯綜している状態のまま、様々なことが進んでいくことになにより懸念があります。

あなたの生きる世界の救世主は、あなた自身

人は得意なことも性格も違うし、それぞれに勤め先や家族に事情を抱えてなかなか行動に移せないことも多いと思います。
それでも、一つだけ言えることは、もし何かあなたがおかしいと思っていたら、このままだとまずいなと思うなら、「何かはできる」ということです。
果敢に省庁に電話したり、発信したり、デモに参加したりしなくても、
友達に「どうして副反応で亡くなった人の数をテレビでは言わないのだと思う?」と聞いてみるとか、2m以内に人が近づかない道を歩く時はマスクを外して歩くとか、そんなことでもいいのではないでしょうか。思考停止が一番怖いことです。

「テレビで、偉い人が『もうマスクを外していいですよ』って早く言ってくれないかな~」と願っているだけではおそらく、何も変わりません。

待っていても救世主は現れない。
あなたが生きる世界の、あなたやあなたの大切な人達の救世主はあなたしかいないのです。
マスクが服の一部となり、アハハハハと大きな口を開けて笑う普通の人間らしい大人の顔をまったく見ないで育つ子供の情緒がどうなるか、考えてみてください。
より良い進学先を子供に選ぼう、英語をマスターして今後の人生に活かそうと思えるのは、命があるからです。生き続けなければ、すべては空しいことになります。

私が一度でも関わった方がずっと元気で、朗らかに暮らしてくださることを、私はいつも願っています。

そして全うした寿命の最後に、「思い残すことはなにもない」と私自身も思いたいものです。
この国の未来を担う子供たちのために、あなたができることは必ずあります。

The ultimate tragedy is not the oppression and cruelty by the bad people but the silence over that by the good people. - Martin Luther King, Jr.

最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。キング牧師

タイトルとURLをコピーしました